TEL:078-929-8110
TEL:078-929-8110

大型プレミアムツアラー「Gold Wing」シリーズの商品魅力を向上させ、カラーバリエーションを変更し発売

 Hondaは、モーターサイクルとしては唯一※1となる水平対向6気筒1800ccエンジンを搭載した、大型プレミアムツアラー「Gold Wing(ゴールドウイング)」シリーズの快適性や使い勝手を向上させるとともに、カラーバリエーションを変更し、Honda Dreamより「Gold Wing Tour(ゴールドウイング ツアー)」を2020年1月24日(金)に、「Gold Wing」を2020年2月14日(金)に発売※2します。

Gold Wing マットバリスティックブラックメタリック

 今回、Gold Wingシリーズの左側サドルバッグ内にUSBケーブルを標準装備。Gold Wing Tourでは、前後サスペンションのセッティングを最適化することで、より上質な乗り心地を追求するとともに、リアグリップの形状を変更することで、パッセンジャー乗車時の安心感をより高めています。また、Gold Wing Tour Dual Clutch Transmission<AIRBAG>では、電子制御燃料噴射装置(PGM‐FI※3)とデュアル・クラッチ・トランスミッション(DCT)のセッティングを変更することで、低速域での扱いやすさをより向上させています。  カラーバリエーションは、Gold Wingには、精悍な印象のマットバリスティックブラックメタリックを新たに採用。継続色のマットマジェスティックシルバーメタリックとあわせ、全2色の設定としています。  Gold Wing Tourには、スポーティーな印象のストライプを施したパールグレアホワイト(ストライプ)を新たに採用。継続色のダークネスブラックメタリック、キャンディーアーダントレッド、パールグレアホワイトとあわせ、全4色を設定。また、Gold Wing Tour Dual Clutch Transmission<AIRBAG>には、上記のパールグレアホワイト(ストライプ)と、高級感を醸し出すダークネスブラックメタリック(ツートーン)を新たに採用し、継続色のキャンディーアーダントレッド(ツートーン)、パールグレアホワイトとあわせ、全4色の設定としています。

※1 Honda調べ

※2 受注生産車

※3 PGM‐FI(Programmed Fuel Injection)

Gold Wing Tour パールグレアホワイト(ストライプ)
Gold Wing Tour Dual Clutch Transmission<AIRBAG> ダークネスブラックメタリック(ツートーン)

販売計画台数(国内・年間) シリーズ合計 700台

大型アドベンチャーモデル「CRF1100L Africa Twin」「CRF1100L Africa Twin Adventure Sports」を発売

 Hondaは、大型アドベンチャーモデル「CRF1100L Africa Twin」と、大容量燃料タンクなどを装備し、さらなる冒険心を駆り立てる「CRF1100L Africa Twin Adventure Sports」を2020年2月14日(金)に、また、より上質で快適な走りを追求し、前後に電子制御のサスペンションを採用した「CRF1100L Africa Twin Adventure Sports ES」を2019年12月13日(金)に、それぞれHonda Dreamより発売します。

CRF1100L Africa Twin Dual Clutch Transmission(グランプリレッド)

 今回のモデルは、2016年に次世代アドベンチャーモデルとして発売された「CRF1000L Africa Twin」の開発コンセプト「True Adventure」を踏襲しながら、排気量を拡大し動力性能を向上させるとともに、各部の徹底した軽量化による運動性能の向上を図るなど、扱いやすさとトータルバランスをさらに高次元へと向上させました。  また、さまざまな走行状況で最適な走りを実現するライディングモードや、長距離をより快適に移動できるクルーズコントロール、メーターからの情報を的確に認知できる大型6.5インチTFTカラーディスプレイを搭載するなど、楽しく快適にライディングするための電子制御によるライダーサポート機能も充実させました。  スタイリングは、Africa Twinの伝統をより濃く感じさせるデザインへと昇華させ、CRF1100L Africa Twinのカラーリングには、Hondaのオフロードカテゴリーの技術革新を表現するカラーの「グランプリレッド」1色を設定。CRF1100L Africa Twin Adventure Sportsのカラーリングには、冒険マインドを表現し、軽快な「パールグレアホワイト」1色、CRF1100L Africa Twin Adventure Sports ESには「パールグレアホワイト」と、シックで力強い装いの「ダークネスブラックメタリック」の2色を設定しました。

CRF1100L Africa Twin Adventure Sports (パールグレアホワイト)
CRF1100L Africa Twin Adventure Sports ES Dual Clutch Transmission(ダークネスブラックメタリック

販売計画台数(国内・年間) シリーズ合計  1,300台

メーカー希望小売価格(消費税10%込み)

   CRF1100L Africa Twin(グランプリレッド)

   1,617,000円(消費税抜き本体価格 1,470,000円)

   CRF1100L Africa Twin Dual Clutch Transmission(グランプリレッド) 

   1,727,000円(消費税抜き本体価格 1,570,000円)

   CRF1100L Africa Twin Adventure Sports(パールグレアホワイト) 

   1,804,000円(消費税抜き本体価格 1,640,000円)

   CRF1100L Africa Twin Adventure Sports Dual Clutch Transmission(パールグレアホワイト) 

   1,914,000円(消費税抜き本体価格 1,740,000円)

   CRF1100L Africa Twin Adventure Sports ES (パールグレアホワイト、ダークネスブラックメタリック) 

   1,947,000円(消費税抜き本体価格 1,770,000円)

   CRF1100L Africa Twin Adventure Sports ES Dual Clutch Transmission (パールグレアホワイト、ダークネスブラックメタリック) 

   2,057,000円(消費税抜き本体価格 1,870,000円)

* 価格(リサイクル費用を含む)には保険料・税金(消費税を除く)・登録などに伴う諸費用は含まれておりません

「CB1300 SUPER FOUR SP」と「CB1300 SUPER BOL D’OR SP」に新色を追加し発売

 Hondaは、力強い出力特性の水冷・4ストローク・DOHC・直列4気筒エンジンを搭載した大型ロードスポーツモデル「CB1300 SUPER FOUR SP」と「CB1300 SUPER BOL D’OR SP」に新色を追加し、Honda Dreamより10月25日(金)に発売します。

CB1300 SUPER FOUR SP(キャンディークロモスフィアレッド)

 今回、往年のCBを彷彿させる伝統的なカラーリングイメージとした「キャンディークロモスフィアレッド」を新たに追加。継続色の「パールホークスアイブルー」と合わせて、全2色のカラーバリエーションとしています。  CB1300 SUPER FOUR SPとCB1300 SUPER BOL D’OR SPは、CBシリーズのフラッグシップモデルであるCB1300 SUPER FOURとCB1300 SUPER BOL D’ORをベースモデルに、オーリンズ社と共同開発した専用フロントフォークおよびリアサスペンション、また、フロントブレーキにブレンボ社製のラジアルマウント式モノブロック対向4ポットキャリパーを採用。よりスポーティーな走りと上質な乗り心地を追求したモデルとして、ベテランライダーを中心とした幅広い層のお客様に好評を得ているモデルです。

 CB1300 SUPER FOUR SPとCB1300 SUPER BOL D’OR SPは、CBシリーズのフラッグシップモデルであるCB1300 SUPER FOURとCB1300 SUPER BOL D’ORをベースモデルに、オーリンズ社と共同開発した専用フロントフォークおよびリアサスペンション、また、フロントブレーキにブレンボ社製のラジアルマウント式モノブロック対向4ポットキャリパーを採用。よりスポーティーな走りと上質な乗り心地を追求したモデルとして、ベテランライダーを中心とした幅広い層のお客様に好評を得ているモデルです。

CB1300 SUPER BOL D’OR SP(キャンディークロモスフィアレッド)

販売計画台数(国内・年間) シリーズ合計 900台

メーカー希望小売価格(消費税10%込み)

CB1300 SUPER FOUR SP 1,885,400円(消費税抜き本体価格 1,714,000円)

CB1300 SUPER BOL D’OR SP 1,995,400円(消費税抜き本体価格 1,814,000円)

* 価格(リサイクル費用を含む)には保険料・税金(消費税を除く)・登録などに伴う諸費用は含まれておりません

原付二種スクーター「リード125」のカラーバリエーションを変更し発売

 Hondaは、優れた実用性とスタイリッシュなデザインが好評の原付二種スクーター「リード125」のカラーバリエーションを変更し10月1日(火)に発売します。

リード125(パールダークアッシュブルー<ツートーン>)
リード125(キャンディラスターレッド)

 今回、ツートーンカラーモデルには上質で深みのある色合いの「パールダークアッシュブルー」と、落ち着いた印象の「ポセイドンブラックメタリック」を新たに設定。またフロントブレーキキャリパーとリアサスペンションスプリングのカラーをレッドからブラックに変更することで、引き締まった足回りを演出しています。  単色モデルには鮮やかで上品な「キャンディラスターレッド」を新たに設定し、継続色をあわせた全6色の豊富なカラーバリエーションとしています。  リード125は、スタイリッシュで高級感のある外観に、環境性能に優れたグローバルエンジン「eSP(イーエスピー)」※1を搭載。シート下には利便性の高い大容量のラゲッジスペースを確保するとともに、省エネルギーで長寿命なLEDヘッドライトや、フロントインナーボックス内にスマートフォンなどの充電に便利なアクセサリーソケットを装備するなど、通勤や通学、レジャーまでさまざまなシチュエーションでの使い勝手に優れ、幅広い層のお客様に支持されている原付二種スクーターです。

リード125のカラーバリエーション

・パールダークアッシュブルー(ツートーン)<新色>

・ポセイドンブラックメタリック(ツートーン)<新色>

・パールメタロイドホワイト(ツートーン)

・キャンディラスターレッド<新色>

・ランベントシルバーメタリック

・パールメタロイドホワイト

※1enhanced(強化された、価値を高める) Smart(洗練された、精密で高感度な) Power(動力、エンジン)の略で、低燃費技術やACGスターターなどの先進技術を採用し、環境性能と動力性能を高めたスクーター用エンジンの総称です

「モンキー125」に新色を追加し発売

 Hondaは、歴代「モンキー」の特徴である「シンプル」「コンパクト」「愛らしさ」などの不変的な魅力を踏襲しつつ、楽しさをスケールアップした原付二種(第二種原動機付自転車)※1のレジャーモデル「モンキー125」に新色を追加し、7月26日(金)に発売します。

モンキー125(パールグリッターリングブルー)


 今回、遊び心を刺激する爽やかな「パールグリッターリングブルー」を新たに追加。継続色の「パールネビュラレッド」と「バナナイエロー」と合わせて、全3色のカラーバリエーションとしています。  モンキー125は、初代モデルの「モンキーZ50M」より連綿と引き継がれているスタイリングを踏襲しつつ、現代の使い勝手に合わせた進化を図り、扱いやすく燃費に優れた空冷・4ストローク・OHC・125cc単気筒エンジンを搭載。また、趣味性が高く、所有感を満たすモデルとして、スチール製のクローム仕上げの前・後フェンダーやマフラーカバーなどを採用。タイヤは12インチのブロックパターンタイプを装着し、個性と力強さを演出。さらに剛性感のあるフロントの倒立フォークやクッション性に優れたシートの採用とあいまって、快適な乗り心地としなやかさを兼ね備えた扱いやすい操作フィールを実現し、幅広い層のお客様に大変好評を得ているモデルです。 ※1運転には、普通二輪免許(小型限定も可)か、大型二輪免許のどちらかが必要です

販売計画台数(国内・年間) 5,000台

メーカー希望小売価格(消費税8%込み) モンキー125 399,600円(消費税抜き本体価格 370,000円)

                                                        モンキー125<ABS> 432,000円(消費税抜き本体価格 400,000円)

*価格(リサイクル費用を含む)には保険料・税金(消費税を除く)・登録などに伴う諸費用は含まれておりません

「Dio110」に受注期間限定のカラーリングを採用し発売

 Hondaは、軽快な走りとスタイリッシュな外観の原付二種スクーター「Dio110」に、受注期間限定※1のカラーリングとして「パールジャスミンホワイト」を追加設定※2し、7月19日(金)に発売します。

Dio110 パールジャスミンホワイト(受注期間限定モデル)

 このカラーリングでは、さわやかなパールジャスミンホワイトを主体色に、フロントブレーキキャリパーや、リア・スポイラー、リアサスペンションスプリングなど各部に鮮やかなレッドの配色を施すことで、スポーティーなイメージとしています。  Dio110は、扱いやすい出力特性と環境性能に優れた空冷・4ストローク・OHC・110cc単気筒エンジン「eSP(イーエスピー)」※3を搭載。安定感のある乗り心地をもたらす14インチの大径ホイール、ヘルメットや小物を収納できるラゲッジボックス※4、駐車時に便利なサイドスタンドを採用するなど、利便性を考慮した装備と、アクティブな走りをイメージさせるスタイリングで、通勤から通学まで幅広い層のお客様からご支持をいただいています。

※1受注期間は2019年5月30日(木)から2019年8月31日(土)まで ※2その他の通常設定のカラーリング(レギュラーモデル)は、継続販売致します ※3enhanced(強化された、価値を高める) Smart(洗練された、精密で高感度な) Power(動力、エンジン)の略で、低燃費技術やACGスターターなどの先進技術を採用し、環境性能と動力性能を高めたスクーター用エンジンの総称です ※4ヘルメットの形状・大きさによってはラゲッジボックスに入らない場合があります

「スーパーカブ C125」に新色を追加し発売

 Hondaは、スーパーカブシリーズの普遍的な車体パッケージに最新装備を採用するなど、より上質感を追求した原付二種(第二種原動機付自転車)のパーソナルコミューター「スーパーカブ C125」に新色を追加し、6月21日(金)に発売します。

スーパーカブ C125(パールカデットグレー)

 今回、落ち着きある色あいの車体にツートーンタイプのシートを採用した「パールカデットグレー」を新たに追加。継続色の「パールニルタバブルー」と合わせ、全2色のカラーバリエーションとしています。  スーパーカブ C125は、スーパーカブシリーズ初代モデルの「スーパーカブ C100」を彷彿させるスタイリングに、扱いやすく燃費に優れた空冷・4ストローク・OHC・125cc単気筒エンジンを搭載。専用のアルミキャストホイールや各部に配したクロームメッキのパーツなどで上品な印象とした外観と、省エネルギー性に優れたLED灯火器や、より便利にエンジン始動ができる「Honda SMART Key システム」の採用など、利便性と快適性に寄与する装備で幅広い層のお客様に大変好評を得ているモデルです。

「クロスカブ50/クロスカブ110」のカラーリングを変更するとともに、新たに「くまモン バージョン」を追加し発売

 Hondaは、原付レジャーモデル「クロスカブ50」と「クロスカブ110」のカラーバリエーションを変更し、7月19日(金)に発売。さらに、熊本県とのコラボレーションにより、同県のPRマスコットキャラクター「くまモン」をイメージした「クロスカブ50・くまモン バージョン」と「クロスカブ110・くまモン バージョン」を新たに追加し、6月21日(金)に発売します。

                                          クロスカブ110(クラシカルホワイト)                                                                               クロスカブ50(カムフラージュグリーン)

 クロスカブ50、クロスカブ110のカラーバリエーションは、従来各モデルの専用色であった、「カムフラージュグリーン」と「クラシカルホワイト」のそれぞれを共通カラーとして設定。クロスカブ50は、「カムフラージュグリーン」「クラシカルホワイト」の2色設定。クロスカブ110は、「カムフラージュグリーン」「クラシカルホワイト」「パールシャイニングイエロー」の3色設定のカラーバリエーションとしています。  

 新たに追加したクロスカブ50・くまモン バージョン、クロスカブ110・くまモン バージョンは、くまモンをイメージしたブラックとレッドのカラーリングを車体各部に採用。赤いパイピング付きシートの後部側面やクロスカブのロゴマークなど、随所にくまモンの足跡をイメージしたデザインを施したほか、くまモンのイラストをあしらったエンブレムやスペシャルキーの採用など、くまモンのかわいらしさを表現した遊び心あふれるモデルとしています。車体色は、グラファイトブラック1色の設定です。

                   クロスカブ50・くまモン バージョン                                      クロスカブ110・くまモン バージョン                  くまモンのエンブレム(クロスカブ50/110・くまモン バージョン)

ネイキッドロードスポーツモデル「CB250R」の足つき性を向上し、新色を追加して発売

 Hondaは、軽量かつコンパクトな車体に高性能な水冷・4ストローク・DOHC・4バルブ・単気筒249ccエンジンを搭載したネイキッドロードスポーツ
モデル「CB250R」の足つき性を向上させるため、前後サスペンションなどの足回りを変更。さらに、新しいカラーバリエーションとしてシックなイメージ
の「マットパールアジャイルブルー」を追加し、ABS※1を標準装備して4月19日(金)に発売します。

CB250R(マットパールアジャイルブルー)                                                                   

 今回、フロントサスペンションのスプリングやリアサスペンションを変更し、メインステップバーの形状を見直すことで、足つき性の向上を図っています。
また、急制動時の後輪浮き上がりを効果的に抑制するIMU(車体姿勢推定システム)付ABSを標準装備しています。  

カラーリングは、シックでありながら艶やかなマットパールアジャイルブルーを新たに採用。高質で鮮やかなキャンディークロモスフィアレッドや精悍な
ブラック、金属質のマットクリプトンシルバーメタリックと合せて4色設定としています。また、マットパールアジャイルブルーとキャンディークロモスフィア
レッドは、シュラウドやヘッドライトリム、フロントフェンダーをマットブラックとし、前後ホイールはブラウンを採用。また、全色ともフロントフォークの
アウターをブロンズ色としています。

 CB250Rは、新世代CBシリーズとしてマスの集中化と軽量化を図った凝縮感のあるダイナミックな台形プロポーションや上質な走りを演出するパワーユニット、
快適なライディングを提供するシャシーなどにより、若年層のエントリーユーザーを中心に好評を得ています。

※1ABSはライダーのブレーキ操作を補助するシステムです。ABSを装備していない車両と同様に、コーナーなどの手前では十分な減速が必要であり、
無理な運転までは対応できません。ABS作動時は、キックバック(揺り戻し)によってシステム作動を知らせます

CB250R(キャンディークロモスフィアレッド)                                                           

「スーパーカブ50・ストリート」「スーパーカブ110・ストリート」を限定発売

スーパーカブ110・ストリート(ボニーブルー)

Hondaは、「スーパーカブ」に特別なカラーリングを施した「スーパーカブ50・ストリート」と「スーパーカブ110・ストリート」を3月15日(金)に受注期間限定※1で発売します。

スーパーカブ50/110・ストリートには、車体色に淡い色合いの「ボニーブルー」と「ハーベストベージュ」の2色を設定。スーパーカブの象徴的なレッグシールドもそれぞれの車体色と同色としたほか、サイドカバー、クランクケースカバー、リアキャリア、前後輪のハブ、スイングアーム、チェーンケースといった車体各部にブラックの配色を取り入れるなど、上品で洗練されたカラーコーディネートとすることで、若年層を中心とした幅広い層のお客様のライフスタイルと調和しながら街に溶け込む落ち着いた印象のカラーリングとしました。また、フロントカバーのエンブレムやメーターを縁取るリングには、より上質感のあるクロームメッキを採用したほか、白のパイピングを施したシートの後部側面やスペシャルキーには、歴代スーパーカブに採用されたさまざまなロゴやスーパーカブを模式化した図案などをあしらい、よりおしゃれで特別感にあふれたモデルとしています。

スーパーカブ110・ストリート(ハーベストベージュ)

スーパーカブシリーズは、低燃費や静粛性、信頼・耐久性に優れた4ストロークエンジンを搭載し、クラッチ操作を省いた自動遠心式クラッチの採用や、乗り降りしやすい低床バックボーンタイプのフレームなど、使い勝手の良い車体パッケージングを活かしたさまざまな派生モデルを展開。ビジネスユースからパーソナルユースにわたり、幅広い層のお客様に愛用されているロングセラーモデルとして、世界中で高い評価をいただいています。

※1 受注期間は2019年2月26日(火)から6月30日(日)まで