TEL:078-929-8110
TEL:078-929-8110

GB350試乗車のご案内

ひと足先にGB350が発売され、大注目となっているNEWモデル
GB350&GB350Sですが、この度、GB350の試乗車のご用意が
できました。

車両の入荷をお待ちいただくような状況の続くGB350&GB350Sでは
ありますが、とりあえず一度乗ってみて、その乗車感を確かめてみては
いかがでしょうか。

GB350のみに採用の特徴的なチェンジペダル。通常の操作方法に加え、
かかと側を踏むことでもシフトアップが可能。そうすることで大事な靴の
甲部分を傷めずに済みます。(GB350Sは通常のシフトペダル)

車体色は黒(マットパールモリオンブラック)以外に赤(キャンディクロモスフィアレッド)と青(マットジーンズブルーメタリック)の3色。

ワイドなリアタイヤを装着し、より積極的な“走り”をイメージさせる『GB350S』も今後発売予定となっております。

空冷単気筒という選択肢、アリだと思います。

車両入荷情報!Rebel1100 DCT(Dual Clutch Transmissiion)

待望のNEWモデル!レブル1100 DCTが入荷!

左:ボルドーレッドメタリック / 右:ガンメタルブラックメタリック

発表されて以来、入荷を待ち望んでいた方も多いのではと思われる
Newモデル Rebel1100。
まずはDCTモデル(Dual Clutch Transmissiion)が発売となりました。

人気モデルReble250に匹敵する足着き性の良さで、大型バイクを
躊躇していた方にも安心して乗っていただけるのではと思います。

ETC2.0やグリップヒーターはもちろんのこと、ライディングモードの
切替やクルーズコントロールも標準装備。
只今、予約を受付中です。
DCTモデルでクラッチ操作もいらず、のんびり長距離ツーリングを
楽しんではいかがでしょうか。

車両入荷情報!Gold Wing Tour(パールグレアホワイト) ※受注生産モデル

HONDAの旗艦モデルと言える『プレミアムクルーザー』入荷しました!

メーターパネル前に配置されているメインスイッチ類

中央部に7インチフルカラー液晶を備えたメーターパネル

新形状となる容量61Lのリアトランク。フルフェイス ヘルメットが2個入りました。

LEDフォグライトを標準装備

角度と高さを調節可能な電動スクリーン

走行シーンにに合わせて4種類のライディングモードを選択可能、
Honda SMART Keyシステムはもちろんのこと、ETC2.0車載器、
グリップヒーターも標準装備。
そして何と二輪専用エアバッグシステムを標準装備。

パッセンジャーシートの形状も変更となり、Gold Wing Tourにはシートヒーターまでが装備され、ロングツーリングも一人でもタンデムでもより快適に走行が出来るのではと思います。

このGold Wing Tourですが、カラーは全3色。
トランスミッションはDCT(デュアルクラッチトランスミッション)のみとなります。
なお、リアトランクレスのGold Wingもカラーは1色となりますが、ラインナップされております。
『プレミアムな1台』をあなたの相棒にいかがでしょうか。

車両入荷情報!NC750X ※2/25発売

NC750X(マットバリスティックブラックメタリック)

冬の走行も快適なグリップヒーター

ラゲッジBOX内にアンテナ別体型ETC2.0車載器

情報を直感的に伝えるデジタルメーター

ETCやグリップヒーターなどを標準装備としながら選択可能な4つの
ライディングモードなど快適さに加えて走りの楽しさも追求。

カラーは全3色、DCT(デュアルクラッチトランスミッション)タイプも同時発売。
予約受付中です!

車両入荷情報!Dio110(マットギャラクシーブラックメタリック) ※2/25発売

Dio110(マットギャラクシーブラックメタリック)
Dio110(マットギャラクシーブラックメタリック)

HONDAスマートキーシステムを採用で利便性UP。

ラゲッジBOXの容量もUP

メーターはシンプルな文字盤と液晶ディスプレー

小物の収納に便利なフタ付きのフロントインナーBOX。

新設計のエンジン+フレームなど確実に進化を遂げたDio110。
取り回しのしやすさはそのままに、通勤・通学・買い物などの日常を
より快適に過ごすための1台として、いかがでしょうか。

カラーは全4色。予約受付中です!(※2/25発売)

車両入荷情報!NEW CBR650R(1/28発売)

アシストスリッパークラッチはクラッチレバーの操作荷重を低減し、
急なエンジンブレーキによる後輪ホッピングを抑制。
HONDAセレクタブルトルクコントロールは後輪の駆動力制御し
スリップを抑制。
上記のような機能は継承しつつ、視認性のUPしたフル液晶デジタルメーター、
デザインの変更されたシートカウル、リアフェンダーなど進化を遂げたNEWモデル。

NEW CBR650R(グランプリレッド)
NEW CBR650R(グランプリレッド)

ABS(アンチロックブレーキシステム)は標準装備。

ハザードランプを高速点滅させて急ブレーキを後続車にいち早く伝える
エマージェンシーストップシグナルなど市街地からワインディング、高速道路
などあらゆるシーンで高い満足度を得られる1台ではないでしょうか。

大型スポーツモデル「NC750X」をフルモデルチェンジし発売

Hondaは、力強いトルク特性で扱いやすく燃費性能に優れた直列2気筒745ccエンジンと、取り回しやすい低重心の車体パッケージング、使い勝手の良いラゲッジ収納などで幅広い層のお客様から好評を得ている大型スポーツモデル「NC750X」「NC750X Dual Clutch Transmission」をフルモデルチェンジし、Honda Dreamより2月25日(木)に発売する。

NC750X Dual Clutch Transmission(グランプリレッド)

今回フルモデルチェンジを図った、マニュアルトランスミッション仕様のNC750Xと、デュアル・クラッチ・トランスミッション(DCT)仕様のNC750X Dual Clutch Transmissionは、ツーリングなどにおける走る楽しさと、日常での扱いやすさを高次元で両立させるため、「さらにアクティブな毎日へといざなうCROSSOVER URBAN TRANSPORTER」を開発コンセプトに、動力性能を向上させたパワーユニットを新設計フレームに搭載。先進の電子制御技術を採用するなど、スポーティーな走りと扱いやすさを追求するとともに、よりアクティブなイメージを強調したスタイリングに一新した。

パワーユニットは、新設計によるピストンの軽量化、エアクリーナー構造の刷新や、エキゾーストチャンバーの形状変更など吸排気系の見直しにより、最高出力を向上させながら優れた燃費性能を両立。さらに、ライダーをサポートする電子制御技術として、スロットルバイワイヤシステム(TBW)を新たに採用し、ライダーの好みやさまざまなシーンに応じて走行フィーリングを任意に選択できるライディングモードを搭載。また、マニュアルトランスミッション仕様には、クラッチレバーの操作荷重軽減など快適性に寄与するアシストスリッパークラッチを新たに採用している。

新設計のフレームは、向上した動力性能に対応させながら軽量化し、より軽快な運動性能を獲得しながらラゲッジボックスの容量を拡大させるなど利便性の向上にも寄与している。
スタイリングは、フロントの足まわりをより際立たせる外観部品の形状と層状構造の採用など、Honda最新のクロスオーバーモデルとしての軽快感とアクティブさを表現している。

メーカー希望小売価格(消費税10%込み)

NC750X 924,000円
NC750X Dual Clutch Transmission 990,000円

新年のご挨拶

新年明けましておめでとうございます。

昨年は皆様にお引き立ていただき誠にありがとうございました。

本年も、お客様のバイクライフの『良きお手伝い』が出来ますよう
スタッフ一同、努めてまいります。

皆様のご来店をスタッフ一同、心よりお待ちいたしております。

「CB1300 SUPER FOUR」「CB1300 SUPER BOL D’OR」ならびに「CB1300 SUPER FOUR SP」「CB1300 SUPER BOL D’OR SP」に先進の電子制御デバイスを採用し発売

Hondaは、水冷4ストロークDOHC直列4気筒1,284ccエンジンを搭載した、CBシリーズのフラッグシップモデル「CB1300 SUPER FOUR」「CB1300 SUPER BOL D’OR」ならびに「CB1300 SUPER FOUR SP」「CB1300 SUPER BOL D’OR SP」に上質で快適な走行を実現する電子制御デバイスを採用し、Honda Dreamより2021年3月18日(木)に発売する。

CB1300 SUPER FOUR SP
CB1300 SUPER BOL D’OR SP

今回、CB1300 SUPER FOUR、CB1300 SUPER BOL D’ORならびにCB1300 SUPER FOUR SP、CB1300 SUPER BOL D’OR SPに、「大排気量モデルを操る楽しみの最大化」を開発キーワードとしたモデルチェンジを図った。

スロットルグリップ操作に対してより緻密なスロットルバルブの制御を可能とする「スロットルバイワイヤシステム(TBW)」を採用することにより、走行状況やライダーの好みに合わせてSPORT、STANDARD、RAINの走行フィーリングを任意に選択できる「ライディングモード」や、「Honda セレクタブル トルク コントロール(HSTC)」※1を採用することで、ライダーの「操る楽しみの最大化」に寄与。また、高速道路など長距離走行時に一定速度を設定することで、アクセル操作を行わず巡航を可能とし、ライダーの疲労軽減と上質で快適な走行に寄与する「クルーズコントロール」を採用した。

純正アクセサリーには、走行時にクラッチ操作を行うことなく、迅速でスムーズなシフトアップ/ダウン操作を可能とする「クイックシフター」※2をラインアップ。
更に、急制動時にハザードランプを高速点滅することで急ブレーキをいち早く後続車に伝える「エマージェンシーストップシグナル」を採用した。

CB1300 SUPER FOUR、CB1300 SUPER BOL D’ORのカラーリングは、フレームをレッド、クランクケースカバーをゴールド色にすることで高級感を演出したパールサンビームホワイト、フレームとクランクケースをブラックにすることで落ち着いた印象を与えるベータシルバーメタリックの2色を設定。
CB1300 SUPER FOUR SP、CB1300 SUPER BOL D’OR SPのカラーリングは、従来同様としながらもシートにレッドのステッチを配することでスポーティーさを演出したパールホークスアイブルーとキャンディークロモスフィアレッドの2色を設定。

CB1300シリーズは、「プロジェクトBIG-1」※3のコンセプトを具現化した1992年の初代モデル「CB1000 SUPER FOUR」の系統を継承。お客様と時代の要請に応え、2018年には、オーリンズ社と共同開発した専用フロントフォークとリアサスペンション、ブレンボ社製のラジアルマウント式モノブロック対向4ポットキャリパーをフロントブレーキに採用し、よりスポーティーで上質な走りを追求したCB1300 SUPER FOUR SPとCB1300 SUPER BOL D’OR SPを追加し、お客様の選択の幅を広げている。

  • ※1Honda セレクタブル トルク コントロールはスリップをなくすためのシステムではありません。Honda セレクタブル トルク コントロールはあくまでもライダーのアクセル操作を補助するシステムです。したがってHonda セレクタブル トルク コントロールを装備していない車両と同様に、無理な運転までは対応できません
  • ※2メーカー希望小売価格(消費税10%込み)26,950円(消費税抜き本体価格24,500円)従来モデルへの取り付け不可
  • ※3“新しい時代にふさわしいHondaのロードスポーツモデルはどうあるべきか”を徹底追求し
    ・水冷・4ストローク・DOHC・直列4気筒エンジンを搭載していること。
    ・その体躯はあくまでもセクシー&ワイルドであること。
    ・走る者の心を魅了する感動性能を有すること。
    を基本コンセプトとしている

メーカー希望小売価格(消費税10%込み)

CB1300 SUPER FOUR 1,562,000円
CB1300 SUPER BOL D’OR 1,672,000円
CB1300 SUPER FOUR SP 1,936,000円
CB1300 SUPER BOL D’OR SP 2,046,000円

ホンダドリーム明石 展示試乗会

少しづつ涼しくなり、バイクに乗りやすい季節となりましたが
タイトルの通り展示試乗会を開催いたします!!

10/17(土)~10/26(月)の9日間

予定車両は以下の6車両となっております!

レブル250やCBR1000RR-Rなど、入荷待ちでなかなか実車を見たり、跨ったりしていただく機会がない車両も今回展示予定です。
また希望される方には試乗していただくことも可能です

購入前に実際に公道を走って試すことができるチャンスです!
購入をご検討される方はぜひこの機会をお見逃しなく!

※なお雨天の場合や道路状況、その他の理由などにより試乗は急遽中止となる場合がございますのでご了承ください。