TEL:078-929-8110
TEL:078-929-8110

Gold Wingシリーズに「Android Auto™」適用開始

Hondaは、「Gold Wing(ゴールドウイング)」シリーズへ「Android Auto」※1を適用※2しました。現行Gold Wingシリーズ※3よりAndroid端末をお持ちのお客様も、音楽再生やナビゲーション機能、通話・メッセージ機能などシームレスにつながる各種アプリケーションサービスがご利用可能になります。

Gold Wingは、1975年に米国でGOLDWING GL1000を発売して以来、40年以上にわたりHondaのフラッグシップモデルとして進化してきました。
北米を皮切りに2017年10月よりフルモデルチェンジ※4し、Apple CarPlay※5を二輪車として初採用※6。快適なライディングをアシストするナビゲーション機能をはじめ、アプリケーションに特化したサービスを備えることで多くのお客様にご好評をいただいております。

Android Autoは、シンプルなインターフェイスと音声入力機能を通じて、ライダーが運転への集中を保てるよう設計されています。Googleアシスタントの使用により、運転中にハンドルバーから手を離すことなく、お気に入りの音楽、メディア、またはメッセージアプリへ簡単にアクセスできるようになります。

日本国内では2020年6月15日より、ソフトウェアの更新方法をホームページにてご案内する予定です。今後、適用対象モデルを拡大することで、グローバルでより多くのお客様のバイクライフに、さらなる快適、利便性を提供していきます。
Android Autoの詳細な情報については、下記公式サイトをご確認ください。

※1Google LLC開発のドライビングサポートアプリ。ご利用に際しては、Android 5.0以上のAndroid携帯端末とAndroid Autoアプリが必要です。Gold Wingシリーズでご使用される場合は市販のBluetoothRヘッドセット(別売)との接続が必要です。アプリの利用や通信料金はお客様の負担となります
※2Google LLCより認可取得
※3対象モデル型式:2BL-SC79/SC79
※4日本では2018年1月12日発表(4月2日発売)、17年ぶりのフルモデルチェンジ
※5Apple CarPlay使用には市販のBluetoothRヘッドセット(別売)との接続が必要です。アプリの利用や通信料金はお客様の負担となります
※62017年10月時点。Honda調べ

HondaGO BIKE RENTAL

今春からホンダのバイクレンタルが始まりました。
そして、その開始に合わせてレンタル車両として
スーパーカブ110・『天気の子』ver.が用意されました。

HondaGO スーパーカブ110「天気の子」Ver.
HondaDREAM明石 スーパーカブ110「天気の子Ver.」
HondaDREAM明石 スーパーカブ110「天気の子Ver.」

この素敵なカラーリングに、走れば皆が振り返るのではないでしょうか。
レンタルバイクに関してはこちらから!

「スーパーカブ110」に新色を追加するとともに、「スーパーカブ110」「スーパーカブ110 プロ」「クロスカブ110」「クロスカブ110・くまモン バージョン」に法規対応を施し発売

Hondaは、「スーパーカブ110」に新色を追加するとともに、「スーパーカブ110」「スーパーカブ110 プロ」「クロスカブ110」「クロスカブ110・くまモン バージョン」に法規対応を施し、「スーパーカブ110」「スーパーカブ110 プロ」を5月22日(金)に、「クロスカブ110」「クロスカブ110・くまモン バージョン」を6月19日(金)に発売します。

今回、スーパーカブ110に、鮮やかなイエローの車体にブラウンのシートを組み合わせ、アクティブな印象としたカラーリングの「パールフラッシュイエロー」を新たに追加設定。継続色とあわせ全6色の豊富なカラーバリエーションとしました。
 また、スーパーカブ110、スーパーカブ110 プロ、クロスカブ110、クロスカブ110・くまモン バージョンの各車に、二輪車灯火器基準に関する法規対応を施したテールランプを採用しています。

メーカー希望小売価格(消費税10%込み)

スーパーカブ110            280,500円(消費税抜き本体価格 255,000円)
スーパーカブ110 プロ         302,500円(消費税抜き本体価格 275,000円)
クロスカブ110             341,000円(消費税抜き本体価格 310,000円)
クロスカブ110・くまモン バージョン  352,000円(消費税抜き本体価格 320,000円)

バイク専用ドライブレコーダー

ETC,グリップヒーター、盗難抑止アラームの3大オプションパーツに続いて最近ではUSB電源が人気アイテムとなっております。
そして、それに加えて最近注目されているのが『ドライブレコーダー』です。

バイク専用ドライブレコーダー「EDR-21」(MITSUBA)

GPSタイプもあります。

バイク専用ドライブレコーダー「EDR-21G」(MITSUBA)

当店でも何台か取り付けさせていただきました。
「もしもの時に記録が残っていて助かった」ということもあり得る話ではないでしょうか。
取り付けに関しては当店サービススタッフまでお気軽にご相談くださいませ。

車体前部取り付け例
車体後部取り付け例

車両入荷情報【モンキー125】

モンキー125(パールシャイニングブラック)

モンキー125のブラックが入荷しました。
やっぱり黒ってシブいかも・・・。

車両入荷情報【ADV150】

車両入荷情報! ADV150(マットメテオライトブラウンメタリック)

隣はマットガンパウダーブラックメタリック、どちらも大人の雰囲気ですね。

車両入荷情報【Rebel250 S-Edition】

車両入荷情報! レブル250 S‐Edition

専用カラーのシート

ひと味違う個性を主張するヘッドライトカウル
S‐Editionという選択肢。アリです。
※この車両は売約済車両となりますがオーダー受付中です。

原付二種スポーツモデル「グロム」のカラーリングを変更し発売

Hondaは、個性的で躍動感あふれるスタイリングの原付二種スポーツモデル「グロム」のカラーリングを変更し、3月13日(金)に発売します。

グロム(ロスホワイト)

今回、車体色を、スポーティーなロスホワイトと、精悍なマットアクシスグレーメタリックの全2色のカラーバリエーションとしています。
共通の変更点としてエッジの効いたストライプを施すことで、よりシャープなイメージを表現。また、前後のホイールとエンジン右側面のカバー、リアサスペンションスプリングをブラック塗装とすることで全体的に引き締まった印象を与え、ブレーキキャリパーにはレッドを採用することで、足まわりにワンポイントのアクセントを与えています。
さらに、個別色の特徴として、ロスホワイトは、サイドカバーならびにリアカウルをレッドとすることで、スポーティーで情熱的な印象を与え、マットアクシスグレーメタリックは、グレーとゴールドを組み合わせることで、精悍さと高級感を与えています。
グロムは、コンパクトで扱いやすいエンジンを、取り回しの良い車体に搭載し、倒立タイプのフロントサスペンションや、よりコントロール性に優れた前・後輪ディスクブレーキなど、大型スポーツモデルを彷彿させる本格的な装備により、トレンドに敏感な若者をはじめ、大型二輪ユーザーのセカンドバイクとしても支持されている原付二種のスポーツモデルです。

メーカー希望小売価格(消費税10%込み)   363,000円(消費税抜き本体価格 330,000円)

車両入荷情報【Rebel250】

車両入荷情報! Rebel250(マットジーンズブルーメタリック)

先日、正式発表となりましたReble250のNewモデル !
3/19発売予定の要注目の人気モデルが早くも入荷しました!

マットなブルーがきれいです。
この車両は売約車になりますが、他の色も続々入荷予定となっております。
楽しみですね~



車両入荷情報【ADV150】

ADV150(マットガンパウダーブラックメタリック)

先日入荷の赤(ゲイエティーレッド)に続いてマット黒(マットガンパウダーブラックメタリック)が入荷しました。

この車両は売約済の車両にはなりますが、まだまだマット茶(マットメテオライトブラウンメタリック)なども入荷予定です。

赤も目立って良いですがマット黒も締まって見えて良い感じです。